トップ > 0 ジオラマとはジオラマの世界 > ジオラマ写真を撮ってみよう

ジオラマ写真を撮ってみよう

ジオラマとは、展示手法の一つで
背景画と人物・動物・建物・乗り物等の
立体模型を用いて作られます。

自分で作ったジオラマは、やはり写真や
画像データとして記録しておきたいもの
ですよね。

ジオラマ写真をとるなら、
デジカメのほうが便利でしょう。

デジカメでしたら、フィルムの残量を気に
することなく好きなだけ撮影できますし、
デジカメとパソコンをつなぐだけで簡単に
撮った画像を取り込むことができます。

パソコンに取り込んだ画像は、ソフトを
使って簡単に修正・加工できます。

自分だけの思い出としてデータを保存
しておくのもよいですが、ブログなどで
公開して同じ趣味を持つ人たちから意見を
聞くのも楽しいでしょう。


ジオラマ写真を上手にとるコツですが、
撮影するならなるべく自然光で撮影すると
自然で綺麗な写真が取れます。

晴れの日の日が高い時間、日光が差しこむ窓際などに
ジオラマを置くと良いでしょう。

ちょうどいい場所がなかったり、
曇りの日はレフ板代わりにアルミホイルを
使って光を反射させたり、電気スタンド
を利用するとよいと思います。

もし、日が当たりすぎる場合は
レースのカーテンで調節してみてください。

フラッシュはなるべく炊かず、露出や
アングルを変えてなるべく多く撮影してみて、
ベストショットが取れるタイミングをはかりましょう。

ピントを合わせる位置も、色々変えてみると
同じ光景でも違った写真ができてきます。

手振れが気になる場合は、三脚と
セルフタイマーを使うとよいでしょう。

三脚がない場合は、安定性のある台や
椅子などを代用してもかまいません。

背景もジオラマ
綺麗に見せる重要なポイントです。

背景画像をプリントアウトし、背景に
貼って撮影するのもいいですし、
逆に背景を布や色紙など単一色で覆い、
パソコンで背景画像と合成するのも
よいでしょう。

紙や写真のかわりに鏡を置けば奥行き
のある、また一味違った画像になります。

最近では、普通の風景写真をジオラマ風に
加工できるパソコンソフトも販売されているので
ジオラマ作りをしたことのない人でも
ジオラマ風の写真をたのしむことができますよ。

この記事のカテゴリーは「0 ジオラマとはジオラマの世界」です。
ジオラマについてまとめています
関連記事

ドラゴンボールのジオラマを作ってみよう!

デジタルリマスター版として新たに2009年 4月から放送され話題になっている「ド...

ミリタリージオラマを作ってみよう

ミリタリー愛好家は世界中に数多くいますが、 日本でも20代から40代の一部の男性...

ガンダムのジオラマを作ってみよう

ガンダムのプラモデル、所謂ガンプラを 趣味とする人は非常に多いですが、ガンプラを...

ジオラマ写真を撮ってみよう

ジオラマとは、展示手法の一つで 背景画と人物・動物・建物・乗り物等の 立体模型を...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「0 船舶模型の世界」です。2009年11月26日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 船舶模型の世界」です。2009年11月24日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 船舶模型の世界」です。2009年11月23日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「0 船舶模型の世界」です。2009年11月22日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索